ブラックジャックの究極攻略法「カードカウンティング」とは?

オンラインカジノ必勝法

ブラックジャックはカジノゲームの中でもルールが単純で、初心者でも遊びやすいカードゲームですが、カードカウンティングを使うことで、大葉な勝率アップに繋がります。

この記事では、ブラックジャックの究極攻略法「カードカウンティング」について解説します。

>>ブラックジャックのアクション・ゲームの進め方などまとめ

カウンティングとは?

その名の通りカードの数をカウント(数える)して勝率を高めていく戦術です。

特にブラックジャックにおいて有効と言われています。

もともとブラックジャックはカジノの中でも最もプレイヤー側が勝ちやすいと言われていますが、さらに勝率を高める為にカードカウンティングを行います。

カウンティングの仕組みを簡単に説明すると、トランプには1~13のカードがありますが小さい数字が出る確率が高い時ほど、ディーラーはバーストしにくいのでプレイヤー側は勝ちづらくなります。

逆に大きい数字がたくさん残っている時ほどプレイヤー側が勝ちやすくなるので、その時に大きな金額をかけるというわけです。

正確に言うとこの認識だけでは不十分なので、詳しくは後ほど説明します。

カードカウンティングは違法ではないのか?

カウンティングして勝率を高めるという行為は当然カジノ側からすれば儲けられなくなるので嫌がります。本場カジノでカードの数をメモしている人なども当然いません。

ただし今回のポイントは「オンラインカジノでのカードカウンティング」です。

もしあなたが家でプレイするのであれば、カジノ側からカウンティングしていると気づかれることはありません。つまりバレなければ良いということです。

>>ブラックジャックで有効なカードカウンティングを簡単に行う方法をご紹介

カウンティングがバレたらどうなる?

もしバレたとしても罪に問われたりする可能性は低く、せいぜいそのオンラインカジノでプレイが出来なくなる、出金が出来なくなる等の処置程度でしょう。

とはいえせっかく稼いだお金を出金できなくなるというのは非常にショックなので出来れば、カウンティングがバレるのは避けたいところです。

カウンティングがバレないための対策は?

対策としてはあからさまにカウンティングをしていると思われない掛け方をするということです。

例えば1ドルでずっとかけていたプレイヤーが、カウントが良くなっていきなり1,000ドルを掛け始めたら怪しいですよね?

1回くらいではカジノ側もなんとも思わないかもしれませんが繰り返しこのような掛け方をしていたらアカウント停止になる可能性は十分あります。

実際オンラインカジノのブラックジャックを生配信していた方がカードカウンティングを行っていたのですが、あまりにも極端だった為か、アカウント停止処分を受けていました。

何事もほどほどにしておくことが大切かと思います。

ギャンブルに必勝法はない

このようにカジノ側も恐れていると言えるカードカウンティングですが、あくまでも「勝率を高める」に過ぎないということをお伝えします。

こういった初めて聞く話で自分でも納得できる話を聞くと、必勝法見つけた!ヤッホー!みたいなテンションの方が一定数いらっしゃると思います。(私がそうでした)

確率的に3~6%くらいの変動をカウントしてそれが大きくなった時、大きく張るという戦略なので、言ってしまえばたかが数パーセントしか勝率は変わらないのです。

カウンティングを定石通りにやって必ず勝てるなら皆さん仕事なんてしないですよね?

ギャンブルが好きで、どうせやるなら勝ちたいという人たちがこの記事を見ると思います。

結局この数%というのが大きく、この差を取る取らないで最終的な収支が変わってくるというだけの話です。

なので短期間では負けることもありますし、我慢強く長期的に戦う必要があるわけです。

私自身も根気強くカウンティングしていたものの、なかなかカウントが良くならないとか、カウントが良くて大きく張った時に負ける時など本当にイライラしました。

そこでカウンティングなんてやってられるか!運否天賦で全額勝負だ!とかいう感じになって地道な努力が水の泡なんてことが多々ありました。

結局ギャンブルで勝つために大事なのは最後まで冷静さを失わないことだと思います。

ギャンブルは楽しめればいい、直感で勝つ!という人はカウンティングなんかやらない方がいいです。

>>オンラインカジノ必勝法!負けない方法と勝ちやすくする方法

カードカウンティングを具体的に実践してみたいという方へ

小さい数字が多いほどプレイヤー有利、大きい数字が多いほどカジノ側有利とお伝えしましたが、実際は少し違います。

ブラックジャックにおいて1・つまりAは非常に重要なカードになっており、持っているだけでかなり有利になります。

さらにAと10カードで21ちょうど、つまりブラックジャックになりプレイヤー側は掛けた金額の2.5倍の配当がもらえます。

なので1は小さい数字ですが、場に多く残っているほうがプレイヤー側に有利になります。

当然ディーラー側もブラックジャックが出やすくなりますが、ディーラーに2.5倍お金を取られることはなく掛けた分しか取られないので、その分プレイヤー側が有利ということです。

これさえ注意すれば、小さいカードが多いほどプレイヤー側が不利という認識で概ねOKです。

カウンティングアプリがおすすめ

そしてカウンティングする際ぜひ使って頂きたいのがカウンティングのアプリです。オンラインカジノといえどゲームスピードは速く、手書きではとてもついていけません。

そこでスマートフォンやPCにブラックジャックのカウンティングアプリを入れておけば、プレイしながらのカウンティングが可能です。むしろこれがないとカウンティングは不可能といってもいいです。

検索すれば普通に出てくるのでぜひ使ってみてください。

関連記事

404 File Not Found
404 File Not Found
404 File Not Found
404 File Not Found
404 File Not Found
404 File Not Found
404 File Not Found
404 File Not Found
404 File Not Found

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました